読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショパンコンクール最新女王アヴデーエワの、心奪われるやわらかさ

クラシック音楽

2015年は5年毎に開催されるショパン国際コンクールの開催年。10月にはまた新たなスターが誕生することになるだろう。では、現在最新の優勝者、つまり前回大会の優勝者はと言うと、ロシア出身のユリアンナ・アヴデーエワだ。アルゲリッチ以来45年振りの女性優勝者と言うこともあり、大きな話題となった。

そんな彼女が本格的なCDデビューを行ったのが、ショパン24の前奏曲と、シューベルトの3つのピアノ曲、そして、プロコフィエフのピアノ・ソナタ第7番を収録したなんと2枚組の大作。

そしてそれを受けるカタチで行われたショパン24の前奏曲全曲演奏を含む来日ツアーがあり、出かけた(2014年11月14日)。

全編を通して、バネがついているかのように跳ねる健康的なリズムも快いが、ともかく稀有だと感動したのが、思わず溜息が出るような美しすぎる音。度々聴かせる、触れば壊れそうなどこまでもやわらかい音を、忘れることはないだろう。

もちろん、万事やわらかな演奏というわけではない。タッチの種類はとても豊かで、まず1曲目のモーツァルトのピアノ・ソナタ第6番でその見事なパレットを見せてくれた。2楽章で聴かせてくれた和音のレガートも印象的だった。

続くリストでは、難曲を毅然と美しく、タッチの違いを駆使し、ドラマ性にも申し分なく聴かせる。「ヴェルディアイーダ』より 神前の踊りと終幕の二重唱」はオリエンタルな風が吹くようだったし、「巡礼の年第2年『イタリア』から ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」の三全音も美しい。

メインであるショパン24の前奏曲は、このかけがえのない詩を慈しむように奏でていく。この曲集は、病気の療養も兼ねてマヨルカ島に恋人のジョルジュ・サンドと共に居候した際に完成されたそうだが、例えば、有名な15番「雨だれ」にしても、当然悲壮感は皆無だ。雨だれもしとしと、というより、雨滴は光を浴びて輝くよう。だが、一転して転調後は、息の長い深い世界観が出現し心を奪われる。美しさと深さ。終始そんな感じなのだ。

ヒストリカル・ピアノの演奏なども積極的に行い、意欲的な活動を続けるアヴデーエワショパンコンクール覇者らしい彼女の活躍は、今年新たなスターが誕生しても、変わらず続き、また、人を感動させ続けるだろう。

 

アヴデーエワは2015年2~3月にトゥガン・ソヒエフ指揮トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団

http://www.t-gc.jp/

 

更に、2015年11月に同じくトゥガン・ソヒエフとベルリン・ドイツ交響楽団との公演あり。

http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=470/

 


主要クラシックコンサート2015年(来日オケ&オペラ) [クラシック] All About