読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3週間で100万食! ミニストップの限定チョコソフトが“世界一”な理由

ミニストップと言えば『ソフトクリーム』

コンビニの『ミニストップ』と聞けば、条件反射的に連想するのが「ソフトクリーム」。

ミルキーな美味しさはコンビニソフトの中でも他の追随を許さぬ、もはや王者の風格。ソフトクリームファンの間では言わずと知れた名品ですよね。

その美味しさの秘密ですが、まずは、


ミニストップの「ソフトクリーム バニラ」は、北海道産の生乳と純生クリームにこだわり、牧場で食べるような、やわらかくてなめらかな食感と、キレのよいさっぱりとしたコクを目指して開発しました。

愛され続ける名品 ミニストップのソフトクリーム [コンビニグルメ] All About

とのこと。コーンにもこだわりあり、更に「ソフトクリームマイスター」の社内資格まであると言うのですから、その本気度が伺えます。

バニラに限らず、シーズン毎に登場する新味も注目ですが、今、このソフトクリームOFFシーズンに、密かに革命的な商品が登場していました!

それは「プレミアム ベルギーチョコ ソフト」です。


■空前のチョコレートブームに登場した世界一のチョコレートソフト

f:id:shinternet:20150308130810j:plain

昨今、チョコレートは一大ブーム。
中でも、最大の話題が「サロン・デュ・ショコラ」(バレンタインは別格として!)。元はフランス・パリで行われてきた世界最大のチョコレート見本市ですが、その日本版を伊勢丹が2003年1月から開催。毎年、世界のスター・ショコラティエが出店し、また期間中に来日し気軽にサインに応じるなど、特別なイベントに成長。


催事スペースを増やしても来場者は年々増え、今年2015年1月はなんと伊勢丹ではなく、イベントスペースの新宿NSビルで実施。それも盛況で終えました。

そんなブームだからこそ、コンビニソフトの王者ミニストップが開発に際し協力を求めたのが、チョコレートの王者・水野直己シェフ。

なんと、ワールドチョコレートマスターズ2007フランス・パリ世界大会において総合優勝を遂げ、世界のスイーツ界で「ナオミ・ミズノ」として知られる正真正銘の「世界一のショコラティエ」です。


彼の作るショコラは繊細で上品でなめらか。味わいは深く調和され、どれも「どうしてこんなに美味しいものが作れるのだろう?」と驚くものばかり。

そんな最強タッグが生み出したチョコレートソフトのお味は……、

カカオ分70%の濃厚なベルギーチョコレートに、なんとショコレートと相性の良い「あんず」の香りをプラス。コーンにもショコラを入れ、更に塩を加えることで甘さを引き締めていて、これが270円とは信じられないクオリティ。

う~ん、一口食べてあんずの香りが広がる。これはバランスが良い。チョコレートは濃厚すぎず、あんずと一体に。コーンも油臭さなど皆無。チョコレートが加えられているので、ソフトクリーム自体との相性はもちろんばっちり。

水野シェフが元々作られていたチョコレートソフトクリームもとても美味しいものでしたが、これはまた別のとても完成度の高いもの。

販売量が限定されているとのことで、とにかく急いで食べることをオススメします!

※と書いていたら、3週間で100万食を達成したとの情報が!

プレミアムベルギーチョコソフト100万食販売! 女優シャーロット・ケイト・フォックスさん、「ダイジョウブ!!」のセリフで ミニストップ「プレミアムベルギーチョコソフト」を応援 | プレスリリース | MINISTOP

 

※なお、下は、水野シェフ(洋菓子マウンテン)の通常のチョコレートの一例。傷が全くないというか、作りの良さ、素材の良さでこんなにも美味しいものができるのか、と幸せな気持ちになるもの。シェフの穏やかで優しい人柄がチョコレートに現れている気がします。パッケージのこだわりもさすが。

洋菓子マウンテン

f:id:shinternet:20150308131612j:plain